美容外科でビューティーボディー

いくつかの原因

体質の可能性がある

目元のたるみは様々な原因があります。その一つが体質です。目の周りには、多くの脂肪が付いています。なぜなら、体の中で最も大切である目を守るためだからです。体の脂肪の量によっては、目の周りにある脂肪の量も違います。特に雪がふる寒い地方で暮らしている人たちの目の周りの脂肪はとてもたくさんありますが、寒さから目を守るために、目元の皮膚は分厚いのです。そのため、目の下にできるたるみは目立つことがありません。しかし、日本人は目の下の皮膚が薄くできているので、たるみはとても目立ちやすいです。

まばたきを増やそう

普段しているまばたきは目の下にたるみをつくる原因です。目の下とまぶたの皮膚や筋肉は顔の中で最も薄いので、衰えやすいです。人は1日で数回もまばたきをします。そのまばたきは二つの筋肉で行われています。閉じている目を開けたい場合は、上眼瞼挙筋を使います。目をつむる時は眼輪筋という筋肉が使われています。その眼輪筋と呼ばれる筋肉が皮下脂肪を支えていますが、かなり薄くできているので、衰えやすいです。この筋肉が衰えることによって、皮下脂肪を支えられなくなっていきます。また、この眼輪筋という筋肉は、現代病によってもたるんできます。パソコンの画面を長時間見ていたり、ゲームをしたりなどをしていると筋肉の力がより低下していきます。鍛えるには画面から目を離しストレッチを行うようにしましょう。

頬骨の歪み

頬骨の歪みは目の下の皮膚にも影響します。大抵の人は骨の歪みを持っています。年齢とともに骨はゆがみやすく、体全体が変形していきます。特に顔の頬骨は内側に段々とずれていくのです。目の下にたるみやシワが出来のはそれが理由なのです。目のたるみはエステでマッサージを受けても治ることがありません。根本的である骨の歪みを取り除く必要があります。