美容外科でビューティーボディー

美容外科の施術

ヒアルロン酸注入

年齢を重ねると共に体は老化していきます。体が老いて行くと色々な部分にシワができてくるのです。特に目の下はたるみが出やすくなるのです。たるみがあると、老けて見られてしまいます。若返るには、たるみ取りを行うことが大切なのです。そのたるみは、美容外科クリニックの治療を受ければ、除去することが出来ます。たるみ除去の治療には、脱脂術やヒアルロン酸注入などがあります。脱脂術とは目の下に溜まった脂肪を取り除く施術です。その施術は、レーザーメスを使って、行うので傷口は目立つことはありません。また、ヒアルロン酸注入は、注射を使った施術法です。それを目の下のたるみに注入することによって、たるんだ皮膚を持ち上げることができるのです。

ボトックスとレーザー治療

加齢の筋力衰えや皮膚が下垂することによって目の下にたるみが出来ます。そのたるみは取る必要があります。たるみ取りを行うには、ボトックスを受ける必要があります。ボトックスはボツリヌス毒素から取った成分のことを言います。それを注入することで、筋肉の動きを抑制してくれるため、目の下のたるみを無くすことができます。たるみ取りをすると、目元の印象が非常に明るくなるので、老けているように見えません。どんなに仕事で忙しくても受けられる施術なので、人気があります。施術が終わったあとすぐに、お風呂に入ることが出来ますし、メイクをすることも可能です。しかし、効果が一時的なもののため、半年前後しか持ちません。効果を持続するには、定期的にこのボトックス注入を受ける必要があります。また、美容外科クリニックには、レーザーを使ったたるみ取りの施術が行われています。それはレーザーメスを使うのではなく、レーザーのエネルギーを使った施術法です。レーザーの施術が終わった後は、ボトックスと同じようにメイクが出来ます。個人差によって赤みや腫れが出ることはありますが、3日でおさまります。