美容外科でビューティーボディ

美容外科の施術

年齢を重ねていくに連れて目の下にたるみが出来やすくなりますが、美容外科クリニックで行われているたるみ取り施術で、たるみを無くすことができます。たるみが気になる場合は、受けてみましょう。

化粧品の美容成分

スキンケア用の化粧品の中には、たくさんの美容成分が含まれています。ナイアシンやビタミンC、レチノールなど目の下のたるみ取りには良い成分が多くあるのです。たるみを取りたい場合は、化粧品の美容成分選びに重視しましょう。

たるみを除去する

自分で解消しよう

目の下のたるみは、自分で解消することが出来ます。それがツボ押しマッサージというものです。体のそれぞれの部分にはツボが存在します。そのツボを押すと、場所によっては目の疲れや肌荒れなどを改善することができるのです。目元のたるみも、ツボをおすだけでなくすことができます。やり方はとても簡単です。目頭に指をあてた状態で、目尻の斜め下にある、救後と呼ばれているツボを通ります。そして、救後を通ったら目尻のツボを軽く押しましょう。それを5回繰り返すことが大事です。この方法は手が空いていれば、音楽を聞きながらやテレビを見ながらなどでも気軽に行うことが出来ます。

ツボ押しとコットンパック

目の下には、救後の他にもツボが存在します。それがしょうきゅうと呼ばれるツボです。このツボを刺激することで、目の下のたるみを取ることが出来ます。美容外科に行かなくてもたるみをツボ押しだけで取り除くことができるので、自宅に居る時は行なってみましょう。また、冷たいお茶や牛乳でたるみ取りが出来ます。コットンにつけて、目の下にパックをするだけで良いのです。他にも普段の生活に気をつける必要があります。睡眠をしっかり取ったり、バランスの良い食事をしたりなどしてたるみ取りをしましょう。

日頃から行おう

たるみは目の下にだけできるものではありません。まぶたにも出来ます。そのまぶたのたるみを取り除く方法があります。それはツボ押しです。目の下のたるみと同じ要領でツボを押していきます。そのツボ押しは継続して行うことが大切なのです。毎日ツボ押しをしていると初めて効果を発揮することができるのです。鏡を見た時に目の下やまぶたにたるみができていた場合は、すぐにツボ押しを行ってみましょう。日頃から行うことで目元のたるみを防ぐことができます。

ピックアップ

いくつかの原因

目の下のたるみが出来るのは、色々な原因があるのです。それは体質だったり、まばたきの少なさだったりなどたくさんの事があります。これらを治すことで、目の下のたるみ取りが気軽にできるのです。

» 詳細を確認する